« 僕が9歳だったころ | トップページ | エリ・エリ・レマ・サバクタニ »

2006年1月30日 (月)

シャークボーイ&マグマガール 3-D

期待値:63% goodgoodgoodgoodgoodgoodbadbadbadbad

3-Dメガネをかけてみる映画。

完全に子供向きと思われる。

予告編:ホームページの予告編から

banner_Ranking 人気映画ブログランキングへ

--------------------------------------------

しましまシネマライフ!bad travelyuu とらべるゆう MOVIEbad

大きな顔の司会者のネタgood   山鶴正宗good

☆ 163の映画の感想 ☆good

映画と秋葉原とネット小遣いと日記good

bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザgood

よしなしごとbad

--------------------------------------------

予告編をみて: bad 3Dがウリの映画を2Dの予告で見ても、おもしろさが半減してる?


« 僕が9歳だったころ | トップページ | エリ・エリ・レマ・サバクタニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156429/8421471

この記事へのトラックバック一覧です: シャークボーイ&マグマガール 3-D:

» シャークボーイ&マグマガール/3D THE ADVENTURES OF SHARKBOY AND LAVAGIRL IN 3-D [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
セイデン・ボイド、テイラー・ラウトナー、テイラー・ドゥーレイ主演 ロバート・ロドリゲス監督の3D映画 小学生のマックスは何時も夢を見てその物語を書きとめた本にしています シャーク・ボーイ サメを研究していた父と生き別れサメに育てられた マグマガール 火山で生まれ炎を自在に操る少女 これもマックスの夢の中で作られたヒーローなのです 学校の作文発表にマックスはこの物語を発表するのですが クラスメート達からブーィング  先生も本当の事を書きなさいと注意されます 同じクラスのライナスは その本を... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 09時12分

» 『シャークボーイ&マグマガール 3-D』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某雑誌で当選した 『シャークボーイ&マグマガール 3-D』(吹替版) の試写会に行ってきた。 [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 13時31分

» 映画館「シャークボーイ&マグマガール 3D」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
東京ディズニーランドのアトラクションの3Dモノは、何回か観たことがあるのですが、3Dの映画を劇場で観たのは、初めてです! ずっと3Dのメガネをかけて映画を観るって、どうなんだろう?って思っていましたがメガネ装着するシーンとしないシーンがちゃんと分けられ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 22時47分

» 『シャークボーイ&マグマガール 3-D』 2006・2・11に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『シャークボーイ&マグマガール 3-D』 公式HPはこちら   ●あらすじ クラスメートさえ馬鹿にする、極度の夢想家の10歳の少年マックス。その彼が生み出したスーパーヒーロー、シャークボーイとマグマガールが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 23時25分

» 飛び出せ!「シャークボーイ&マグマガール3−D」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「スパイキッズ3−D」のロバート・ロドリゲス監督の 立体夢世界のアドベンチャー作品 「シャークボーイ&マグマガール 3−D」を 観てきました。 主人公少年マックスの 夢が現実になる物語ですが・・・ 「夢」はそう簡単には思い通りにならない! 果たして? コロンビア映画なので 出だしの自由の女神も 立体にしてね。 物語は単純でひねりがなくていいのです。 これはあくまでも「立体映画」を楽しむ作品です... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 10時59分

» 「シャークボーイ&マグマガール」見てきました [よしなしごと]
 公開からだいぶたってしまいましたが、シャークボーイ&マグマガールを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 18時18分

« 僕が9歳だったころ | トップページ | エリ・エリ・レマ・サバクタニ »