« 単騎、千里を走る | トップページ | 最終兵器彼女 »

2006年1月27日 (金)

ピーナッツ

期待値:85% goodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodbadbad

内村光良の初監督・主演映画。

内Pファンなら見るでしょー。

予告編:ホームページのTrailerから

banner_Ranking 人気映画ブログランキングへ

--------------------------------------------

相棒馬鹿good   盛り場っ☆good

マワルソラgood   日常の断片good

フルルKansaibad  映画瓦版bad

ライターへの道。女32歳の挑戦。good

Saturday In The Parkgood   ANQ Ritzberry Fieldsgood

かりめろ日記good   ドリアンいいたい放題good

空想俳人日記good     映画君の毎日good

--------------------------------------------

予告編をみて: good 興味あり


« 単騎、千里を走る | トップページ | 最終兵器彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156429/8374010

この記事へのトラックバック一覧です: ピーナッツ:

» ピーナッツ [ライターへの道。女32歳の挑戦。]
         ピーナッツ(2006年、コムストック) http://www.peanuts-movie.jp/ ? 監督・脚本:内村光良 出演:内村光良、三村マサカズ、大竹一樹、ゴルゴ松本、レッド吉田、    ふかわりょう、佐藤めぐみ、他          スポーツライターの秋... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 03時22分

» ピーナッツ [Saturday In The Park]
日本  監督:内村光良 出演:内村光良     三村マサカズ     大竹一樹     ゴルゴ松本 スランプ中のスポーツライターが青春時代の仲間たちと共にグダグダ草野球チー ムの復活と地元商店街の大手企業による再開発による危機を救おうと奮闘する中 で自ら...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 00時58分

» 「ピーナッツ」 [ANQ Ritzberry Fields]
映画監督になりたいと上京してきたウッチャンの悲願の初監督作品。役者本人のイメージを大事にした適材適所のキャスティング。芝居は素人のお笑い芸人ばかり集めた仲良し企画映画などと思うなかれ…。「内P」ファンは勿論の事、野球ファンなら十分に楽しめる作品だと断言し...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 22時12分

» ピーナッツ [かりめろ日記]
■観覧場所 伏見ミリオン座■ ■脚本 内村光良 益子昌一■ ■監督 内村光良■ ■CAST■ 秋吉〔スポーツライター〕…内村光良 相良〔酒店 店主〕…三村マサカズ 文野〔無職〕…大竹一樹 勝田〔小料理屋主人〕…ゴルゴ松本 赤岩〔保父〕…レッド吉田 宮本〔C...... [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 00時52分

» ピーナッツ [ドリアンいいたい放題]
これ、ものすごくいい!! 泣きまくりです。 私の泣きのツボをすべておさえ、 私の両脇には若い女の子が座っていましたが そんなことおかまいなしに泣いてしまいました。 やたら、走るのだけは速くても ベースは遠い。。。。 ヘッドスライディングしても届かない。... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 01時29分

» ピーナッツ [空想俳人日記]
落花生 皮をむいたら 落果星   内村殿、ひとまず、監督第一作おめでとう! そしてご苦労様、さらに、素敵な心温まる作品をありがとう!  ひょっとかして、みんなびっくり目ん玉丸くしてるかもしれないけど、拙者は、初監督とはいえ「大丈夫、大丈夫」そう安心しておっ... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 11時48分

» ピーナッツ [映画君の毎日]
自分ぐらいの年齢だと、 スポ根といえばやはり野球。 サッカーも良いけどやっぱり野球の熱血が観たい。 という訳で、雨で寒い中「ピーナッツ」を鑑賞。 商店街の再開発で商店街の存続を賭けて試合。 もう誰もが想像できる通りのストーリー。 ベタでスタンダード... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 00時25分

« 単騎、千里を走る | トップページ | 最終兵器彼女 »