« ロッキー・ザ・ファイナル | トップページ | プロジェクトBB »

2007年4月24日 (火)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

期待値: 81% goodgoodgoodgoodgoodgoodgoodgoodbadbad

ベストセラー小説の映画化。

オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 出演。

↑の他にも色々な人が出てるようです。

予告編:ホームページの予告編から

banner_Ranking 人気映画ブログランキングへ

--------------------------------------------

カノンな日々good  ★YUKAの気ままな有閑日記★good

きららのきらきら生活good   ミチの雑記帳good

日々“是”精進!bad

長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へgood

ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!good

Akira's VOICE good   てんびんthe LIFEgood

Sweet* Daysgood

☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!good

シャーロットの涙good オールマイティにコメンテートgood

そーれりぽーとgood   試写会帰りにgood

Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)good

miyukichin’mu*me*mo*bad

APRIL FOOLSgood   ネタバレ映画館good

ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!bad

ソウウツおかげでFLASHBACK現象bad

--------------------------------------------

予告編をみて: bad 何度も見たような感覚に・・・・


« ロッキー・ザ・ファイナル | トップページ | プロジェクトBB »

コメント

こんにちは!
いつもTBありがとうございます♪

何か特別な物語というわけではないと思うのですが、オダギリジョーさんと樹木希林さんの演技が素晴らしくて、胸にジーンと響いてきました。
観た方それぞれの視点で、何かを感じ取れる素敵な映画だと思います。

投稿: 由香 | 2007年4月25日 (水) 08時04分

こんばんは。
TBが不調です。ごめんなさい。
あー、私、天使だか悪魔だか微妙だなあ・・・。笑
真ん中っていうのはないですかね~。ははは・・・は・・は。
確かに予告編で何度も見た気になってましたわ。苦笑

投稿: シャーロット | 2007年4月26日 (木) 21時49分

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 もうご覧になられたのでしょうか?
 観終わったらきっと、オカンとオトンのことを
 思い出されるんじゃないでしょうか。
 私がそうでしたから^^

投稿: miyukichi | 2007年4月29日 (日) 18時42分

こんばんは♪
この間メンテやっていたからTB出来るようになるかなーって思ったけど、
やっぱり出来ませんね><

確かに何度も観た映像って感じでした。
でも映画が一番よかったなー♪

投稿: きらら | 2007年4月29日 (日) 19時29分

コメント失礼します。
アメブロですがこちらからもできないようです。
無念。
85%ってかなり高いですね。
僕も予告編で見終わった感覚がありましたが、
しっかりがっつり泣きました。

投稿: 現象 | 2007年5月15日 (火) 14時31分

悪魔ありがとうございまーす。
ロイさんのほうからTBをもらう時、
僕の記事は良かったのか悪かったのか判断しかねる内容が多いと思うのですが、
いつも的確に判断されていてすげーなーと思っていました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 現象 | 2007年5月17日 (木) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156429/14837627

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン:

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [試写会帰りに]
2時間ドラマと、連続ドラマと、そして映画。その度にどこかで必ず泣かされます。ひたひたと心に沁み入ってくる熱い想いに、「なぜこのありきたりに思えるストーリーに、ここまで心を揺さぶられるのだろう」とつい考えてしまいます。映画版には、どこでどうやって泣かされるの..... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 23時58分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞レビュー! オカン、ありがとうね。 200万部を超える大ベストセラー、ついに映画化 『ボクの一番大切な人。 ボクのために自分の人生を生きてくれた人── ボクのオカン。』 母と子、父と子、愛と友情、青春の屈託...。 あなたにどこか似ている普通の人へ。 陰影、優しさ、想いの深さをあまさずくみとる物語。 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ 昨年11月のドラマ版でも ... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 01時01分

» 感想/東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(試写) [APRIL FOOLS]
映画としてはつまらない。けれど人としては温かい。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』4月14日公開。もう今さら言うまでもなしの大ヒット物語。ぼかー、原作もSPドラマも観てないの。連ドラは初回観ただけなの。 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』公式サイト すべてはボクのオカンへの愛情の物語。いろんなことがあって、親不孝もして、だけれど親は無償の愛を注ぎ、それを一身に受けてきたからこそ気付く母親への同じく無償の愛情。完全ボク視点で、その視点に無限の愛が詰まってるこそ、すべてのエピ... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 01時29分

» 「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」 [てんびんthe LIFE]
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」イイノホールで鑑賞 読んだら誰でも泣くといわれた超ベストセラーを半年かけて読んだせいか、ちっとも泣けなくて、まさか映画をみて涙を流してしまうとは思ってもいませんでした。トシのせい?当然会場内は涙涙…。 何が泣けたのかというと、オカンの闘病と人柄の温かさ、息子への思い、生きたいと言う気力。人間、こんなに裏表なくいい人っているのでしょうか。それは演出があるかもしれないし、義母との確執などは省かれちゃっているから余計に美しい話になっているのかもしれません... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 01時35分

» 試写会「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」 [日々“是”精進!]
TBSラジオ主催、ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」の試写会に出席してきました才人リリー・フランキーが亡き母への思いを中心に全身全霊で綴り、「号泣した」熱烈な読者の輪を拡げ、社会現象的なブームを巻き起こし...... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 05時47分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [Sweet* Days ]
原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他 STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内田也哉子)と共に、オトン(小林薫)と暮らした家を出る。その後高校になったボクは、大分の美術学校に入学することになり、オカンの元を離れる・・・ リリー・フランキー著の同名小説の映画化。結局原作は読んでいないのだけど、大泉洋&田中裕子の2時間ドラマ版、 速水もこみち&倍賞美津子の月9版でとりあえずこのお話には触れていました。 2... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 08時32分

» 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】 [+++ Candy Cinema +++]
監督    ≪ 松岡錠司 原作    ≪ リリー・フランキー 脚本    ≪ 松尾スズキ 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年4月14日 上映時間 ≪ 142分 主題歌   ≪ 福山雅治 『 東京にもあったんだ 』 配給    ≪ 松竹 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 09時20分

» 東京タワー オカンとボクと,時々,オトン [Akira's VOICE]
母と子,そして父の小さくて大きな物語。 [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 10時43分

» イオンりんくうで「東京タワー」の試写会に行ってきました。 [かなやす日記]
今日、イオンりんくうでやっていた地元テレビ局主催の「東京タワー」の試写会に行ってきました。 テレビや小説でやっていたのでご存知だとはおもいますが、内容は、九州の炭鉱に暮らしていた母子がいまして、その子が東京の大学に出て、出世をしましたが、母親の方ががんになり、そのがんがひどくなっていく中で、親子そろって東京に暮らすようになって、それからの子供の出世と母親の闘病生活を描いた映画です。 感想はといいますと、やっぱものすごく泣けたいい映画でした。特に闘病のシーンや出世していくシーンはとてもジーンと..... [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 13時43分

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が満を持しての登場実は...... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 13時03分

» 【2007-52】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
いつも笑っていた みんなが好きになった ずっと一緒だと思っていた これは、 ありふれた物語 けれど、 すべての人の物語 ボクの一番大切な人 たった一人の家族 ボクのために、自分の人生を生きてくれた人 ボクのオカン オカン、ありがとうね。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 22時59分

» 東京タワー [日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。]
こんばんわ、maiです。 久しぶりに、映画ネタを書こうと思います。 ついこの前まで、月9で「東京タワー」が放送されていましたが、 なんと、今度は映画で公開されることになりました。 4月14日公開です。 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 今回は、さ... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 01時12分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  予告編で泣いてしまった映画なので、初めから最後まで泣きまくるのは目に見えている。案の定映画が終わったとき、用意していたタオルハンカチは、涙漬けでぐしゃぐしゃだった。 特に目新しいストーリーではない。ひと昔前なら、どこにでもありそうな「親子の話」... [続きを読む]

受信: 2007年4月28日 (土) 14時13分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
私は元々リリー・フランキーのイラストや文章はそれほど好きではないので、200万部の大ベストセラーとなった本作の原作も読んでいないし、テレビドラマも観逃している。 さすがにこれだけ話題になると、本を読んでいなく... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 11時54分

» 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン@丸の内ピカデリー [ソウウツおかげでFLASHBACK現象]
一人っ子であることと、一度家を出てまた同居したことと、両親が別居していることと、ボクのために生きてくれた―ボクのオカンというコピーが僕を必要以上に入り込ませた。僕にとって今、考えられうる最も辛いできごとといえば“オカン”の死だろう。いつか来るその日はなるべ... [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 14時29分

« ロッキー・ザ・ファイナル | トップページ | プロジェクトBB »