« 2009年2月の映画 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

2009年2月11日 (水)

レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで

期待値: 74% good good good good good good good bad bad bad

『タイタニック』以来のレオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレットの共演映画。

出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ

ラブストーリではなく、ある意味ホラーに近いようです。

2人の演技は、素晴らしかった!の意見が多かったです。

予告編:ホームページの予告編

banner_Ranking 人気映画ブログランキングへ

--------------------------------------------

映画鑑賞★日記・・・bad

ミチの雑記帳good

Sweet*Days**good

たいむのひとりごとgood

利用価値のない日々の雑学good

『甘噛み^^ 天才バカ板!』good

ともやの映画大好きっ!bad

いい加減社長の映画日記bad

めでぃあみっくすgood

to Heartgood

我想一個人映画美的女人bloggood

きららのきらきら生活good

パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラgood

★YUKAの気ままな有閑日記★bad

日々のつぶやきbad

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェンgood

富久亭日乗good

Akira's VOICEgood

+++ Candy Cinema +++good

--------------------------------------------

予告編をみて: good タイタニックの影響か・・やっぱりラブストーリーに見えちゃいます


« 2009年2月の映画 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

コメント

庭付き一戸建ての家に芝生に子供・・・
世間並みの幸せを演じていながら、
息苦しさを感じて崩壊していく自己愛の強すぎる妻の姿を通して、
現代の傍目には何の問題も無さ気な家庭にもある危機を
皮肉も込めた監督のメッセージ。深い作品でした。

投稿: kira | 2009年2月11日 (水) 23時41分

kiraさん、コメントありがとうございます。

やっぱり予告の印象とは違うんですね。メッセージ性の強い映画なんて、意外です。

投稿: ロイ | 2009年2月16日 (月) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156429/44031526

この記事へのトラックバック一覧です: レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで:

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ。「タイタニック」はヨーロッパからアメリカへ、そして今度はアメリカからヨーロッパへ、逆タイタニ....... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時00分

» [映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも知れぬ。  私は、予告編を見た限りにおいて、どうしても物語の方向性が見えなくて、面白いとも思えず、誰も誘わないで一人で観たのだ。  正解であった。  原題にはない、「震えるぞハート! 燃え尽きるまでヒート!(byジョジョ)」みたいな副題をつけ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時36分

» 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 [+++ Candy Cinema +++]
【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時36分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [to Heart]
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/ゾーイ・カザン {/book_mov/}1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフラン... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時42分

» レボリューショナリー・ロード 〜燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD [我想一個人映画美的女人blog]
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました〜 初日の夜なのにガラガラ〜{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に流れたのかな?  二人とも体型も成長しました{/m_0150/} 観てる途中ちょっと『アメリカン・ビューティー』思い出した。 そういえばケイトの夫で監督のサム・メンデス作品だった。 空虚さと絶望感を抱えた、家族の... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時57分

» 映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は二人の子どもに恵まれ幸せに暮らしていた。しかし、彼らはそれぞれが抱いていた夢の実現のためパリに行くことを決意するが・・・。 郊外に瀟洒な家... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 07時59分

» レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで [ともやの映画大好きっ!]
(原題:REVOLUTIONARY ROAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。 「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンドラマ。 本作品でケイト・ウィンスレットは、第66回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞。 1950年代のコネチカット州。"レボリューショナリー・ロード"と名づけられた新興住宅街に住むフランク・ウィーラー(レオナルド・... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 08時33分

» レボリューショナリー・ロード [Akira's VOICE]
趣味を持とう。   [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 10時23分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [めでぃあみっくす]
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうにな....... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 14時09分

» 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 [日々のつぶやき]
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 14時43分

» 「レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで」みた。 [たいむのひとりごと]
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 17時51分

» 映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 [きららのきらきら生活]
   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は二人の子どもに恵まれ、幸せに暮らしていた。しかし、彼らはそれぞれが抱いているヨーロッパでの成功と女優になるという夢の... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 22時42分

» レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで [そーれりぽーと]
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップルや夫婦で観に行こうと思ってる人は、絶対に考え直した方が良いですよ。 ラブストーリーで盛り上がろうと思ったら痛い目に会います。 邦題のサブタイトル“燃え尽きるまで”という言葉に、燃え上がる愛とか身を焦がす程の情熱を想像している方はきっと面喰うでしょ... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 01時55分

» 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイルド”じゃないレオ君が出てくるし、予告やCMを観て“『運命の愛』を描いたラブ・ストーリー大作”だと、思い込んで吾輩映画館へ行ったんですけどね…。  1950年代のアメリカ。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 00時49分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。 『タイタニック』から10年以上のもう時間が流れてるんだねーと思うと、心にくるものがありますねー。。。... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 00時30分

« 2009年2月の映画 | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »